06

11

コメント:

頂き物紹介

最近頂いた素敵なものをご紹介

その1
編集部経由でちょい前のワンフェスに僕の以前の連載作品『友達100人できるかな』に出てきた
『道明寺さくら』というキャラクタをフィギュア化して販売していいだろうかという
確認がありました。
おお、道明寺さんを!と思って用紙を確認してみると…。

sakurachan4.jpg

そっちかよ!
いや本当に凄く嬉しいけど!
人間に化けてる女の子を想像したのでちょっと笑ってしまいました。
でも可愛いなーこれと思っていると
ワンフェスに行った友人がこのフィギュアを買ってきてくれ
ディーラーさんに僕のことを告げると完成品もゆずって頂けました。

sakurachan3.jpg

可愛い!
改めて実物見ると無茶苦茶可愛い!

sakurachan2.jpg

こっそり藤子先生キャラのフィギュアに以前頂いた道明寺さん(やっぱりこっち)と
並べて飾っておきました。

その2
最近お知り合いなることができたシャドウボックスを制作しているKanjuさんに
上と同じ『友達100人できるかな』の単行本モチーフのシャドウボックスを作って頂きました。

tomo100sa.jpg

これ写真だと分かりづらいけど半立体になってるんですよ。
横から。

tomo100sa2.jpg

友100の最終巻そのままのミニチュアで高さ十センチくらい。
すげー素敵ですよ!
Kanjuさんは普段から色々なこういったシャドウボックスを作っていられて
何点か実際に見せて頂きましたがすげー細密でワックワクするお仕事でしたねー。
こちらのサイトに過去の作品も沢山載っているのでご興味ある方は是非!

Kanjuさんのサイト
モノーキブログカード館


その3
以前こちらのブログでもご紹介したニコ・ニコルソンさんの『ナガサレール・イエタテール』
そちらにとよ田が応援ペーパーを贈らせて頂いたんですが
なんとそのお返しにニコさんが素敵なものをくれました。

nicosan.jpg

うおー素敵オリジナルチロルチョコー!
そんでまた道明寺さーんっ!!
最近の頂き物たまたま全部とも100がらみという偶然。
愛されて嬉しい限りです。
しかしこのチョコのお礼って素敵ですよね。
自分のキャラを描いて頂けるだけでも嬉しいのにそれがパッケージになってるのってかなりあがるので
心のこもったプレゼントになるなーって思いました。
いつかパクッて誰かに僕もお礼してやりたいところです!

ニコ・ニコルソンさんの『ナガサレール・イエタテール』他四冊連続刊行していたので
単行本でまくってます。

   

こちらの『ニコ・ニコルソンのオトナ☆漫画』にもとよ田の前述の『友達100人できるかな』が紹介されております。
どれもこれもニコさんの愛情たっぷりぎっちり詰まった愛らしい作品ばかりでオススメっす!!


スポンサーサイト

01

07

コメント:

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞどうぞよろしくです!
俺原案 嫁作画の年賀状で今年最初のご挨拶です。

nyanpokooo.jpg

お互い良い一年にしていってやりましょうぜい!


10

26

コメント:

雑記

sikisinogazo-04.jpg

書店さん向けの色紙を描かせて頂きました。
文苑堂書店小杉店さま宛です。
いつから飾って頂けるのか伺っていないのですが
お近くで興味のある方は覗いてみてくださいませ!!

loveromasinnso2.jpg

ラブロマ新装版二巻のサンプルができました。
一巻は深い青の夜で二巻は真っ赤な夕焼けです。
ラブロマ新装版のシリーズは遠景で色々な色の空を主役に描いていきたいなーと思っております。


ラクガキ

最近ラクガキをよくするようになって
ツイッターによくアップしてたんですが
そこらへんのをトゥギャッターでまとめてみました。
上のリンクから。

やー学生時代には授業中よくラクガキばっかして
そういうことしてる時間が大好きだったんですが
漫画を仕事にするようになってからはラクガキ欲もおさまり
(毎日ラクガキしてるようなものですからね)
とんとしなくなっていました。
しかし最近またラクガキ熱があがりはじめているのは
僕にとって漫画を描くということが生活の一部になってきたからなのかな
とかちょっと思ったり。
またラク~に描いて楽しんできたいです。

05

20

コメント:

リアルFLIP-FLAP詳細

気付いてる人は気付いてる先日発売された
「とよ田みのる短編集 CATCH&THROW」のカバー裏におまけ漫画があります。
ゲーセンで出会ったピンボーラーのナナシさんのお話なのですが
このお話しは僕がFLIP-FLAPを連載する以前にゲーセンに通っていて
本当にあった出来事を元に描いたものです。
1Pの漫画では伝えられなかったことがあるので当時ミクシィに
アップしたその時の日記をなんとなく再アップ。
読み返して当時本当に感動して胸が震えたことを思い出しました。
この当時はピンボールの漫画を描こうとも思っていなかったのですが
後にFLIP-FLAPのネームに反映されるようなことが沢山書いてありますね。
こちらの漫画のカラーも先日の日記に上げ忘れていたのでこちらもアップしておきます。
以下そちらの画像と当時の日記を多少推敲したものです。

pnbb


ピンボールは運や偶然でスコアが決まる博打性の高いゲームではない。
技術のゲームなのだ。
Roger Sharpというピンボール評論家がNY連邦裁判所の法廷内で
実際にピンボールをプレイしてみせ技術により高得点を得られるゲームであることを証明した
というかなりいかす逸話も残っている。

今日はそれを体感した日だ。

今日は木曜日ピンボールの日。
いつものようにATTACK FROM MARSをやっていると
珍しく隣のTWILIGHT ZONEをやりはじめた人がいた。
俺が3コインか4コイン目を入れるときにふと思うが妙に上手い。
その後俺が10コイン入れるくらいまで彼は1コインでエキストラボールとジャックポットを連発し続けていた。
その後数十分彼がGAME OVERになるまで後ろで見続けてしまった。

帰ろうとする彼に勇気を出して声をかけた。
「ムチャクチャうまいですね」
彼はこころよく俺の雑談に付き合ってくれピンボールの話を沢山してくれた。
まだプレイする時間があるねという話になったので
失礼を承知でATTACK FROM MARSをプレイしてもらえないだろうかともちかける。
プレイしてくれるとのことだが俺がもちかけた話なのでおごりますよとコインを入れると彼は自分でもコインを入れ

「じゃあ2プレイしよう」と。

いきなりスーパープレイヤーと2プレイすることになり胃が縮む。

彼はATTACK FROM MARSも凄まじく上手かった。
ミニゲームを次々とクリアしてゆき狙ったレーンはほぼはずさない。
(ピンボールは「ピンボール」という一つのゲームに思われがちだが
その中にはいくつものミニゲームが存在しストーリーがあるのだ)
アウトレーンに落ちそうになっても台をTILTすれすれにダイナミックに揺らし全然落とさない。
マルチボールがはじまり複数のボールで次々とジャックポットを叩き出し
電光掲示板にLEDで描かれたUFOが次々爆発してゆく。
そして2ボール目で全てのミニゲームをクリアし二週目に突入するまで間近で見ていた俺は
素晴らしく胸が高鳴るのを感じる。
こんなに興奮したのは一昨年の年末に藤子不二夫A先生にお会いした時以来だ。

彼は店のデイリーハイスコアに余裕でランクインしたがネームを打たずに空にした。
あまりにも感動したので帰り際に彼に名前を聞いた。
もう会うことも無いかもしれないが今日の記念に覚えておきたかったのだ。
彼はちょっと考えてから
「今はナナシで通ってます、だからネームも入れないんだ」
と言って駅に向かって行った。

ピンボールの素晴らしい所は上手くても誰も褒めてくれずに自分の心だけが満たされることだと思う。
そうした生き様をつらぬいているナナシの彼に俺は深く感動してしまった。
評価を求めずに何かを極め求め続けようとする姿勢というものは
(それがピンボールであろうと漫画であろうと何であろうと)
何故かくもかっこいいものなのだろうか。
俺もピンボール頑張ろう。

いや漫画だよな。

メモ: ナナシさんのアドバイス
①TILTをおそれず揺らせ。
②揺らしの基本は「縦」(振動センサーが感知しにくい)
③自滅確立の高い正面のターゲットはマルチボール時にアタック。
④自滅確立を減らす為にサイドレーンから狙え。
⑤以上を踏まえ堅実に。



04

20

コメント:

ラインストーン

IMG_3442.jpg

ちょっと前から子供の頃に好きだったガイコツのキーホルダーを探してまして
こないだ運よく某所でみっけて手に入れたんですが(上画像)
残念ながら目のラインストーンが欠けておりました。
ジョイフルホンダに寄ることがあったんでラインストーンゲットして
目玉に入れてやりましたよ!
足も欠けてるんで今度欠けてないほうの足をシリコンで型取りして修復してやりますよ!

IMG_8746.jpg

ついでにそれより以前に手に入れていた鉄バージョンのガイコツも
目玉がなかったので入れてやりましたよ!

そしたらラインストーンがあまってしまったので
年始に金運招来との触れ込みで買った金達磨にデコレートしてやりましたよ!

IMG_7448.jpg


なんかご利益ありそうじゃない?

IMG_9295.jpg

今度出る単行本のカバー色校が出たんでそれと記念に。
なんか売れそうじゃない?

よろしくね~
(後ろのガイコツが言ってる)


プロフィール

とよ田みのる

Author:とよ田みのる
ゲッサンにて『タケヲちゃん物怪録』連載しておりました。
現在のんびりしております。

作品試し読み(ソク読みさん)
『タケヲちゃん物怪録』
『ラブロマ』
『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』

著書(紙版)

著書(Kindle版)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad