--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うじゃく

今晩は。
三次は寒そうですねぇ。以前三次で泊まった時はアルファワンというところを利用していました。昔は傍に地ビールメーカーのレストランがあって、美味い料理が食べられたんですが、潰れてしまいました。
ところでワニの刺身ってご存知でしょうか?三次の様な内陸では普通の魚の刺身は運ぶ途中でダメになってしまうので、保存がきくサメの刺身を食べる習慣が根付いたのです。そのサメのことをどういうわけか「ワニ」と呼ぶのです。

稲生さんも妖怪たちのことがあってから栄えたんですね。福を招いたのかな。稲生さんの話は昔のことですが文明の発達した今の時代に至っても先生や多くのクリエーターに霊感を与えているんですね。こうなると足を向けて寝れないです。タケヲちゃん、更に面白くなりそう。


そう言えばラブロマ、もうすぐですね。楽しみにしてます。

02

07

18:01

とよ田みのる

>うじゃくさん
三次は中々寒かったですよ〜
一度川べりの土手に上がったら遮るものがなく冷たい風がビュウビュウと吹いて急いで退散しました。
ワニの刺身!
行く前に調べて気になってたんですが機会が無く食べられませんでした。
サメのことをワニって言うのもなんだか面白いですよね。
いつか食べてみたいなー

現代まで多くの人を魅了して止まないお話ですから稲生さんのお話は当時から人気だったんでしょうね。
その一端に触れることが出来た旅で大変楽しくかつためになりました。
引き続きタケヲちゃんで頑張ってゆきますのでよろしくです!
ラブロマも気にかけて頂いてありがとうございます〜!!!

02

08

04:42

直行

ゲッサン読みました。今回はつまらなかったですね。
(「ウソ!!本当は、もっとタケヲちゃんが好きになった。」と、さとりが言っております。)

02

14

22:47

とよ田みのる

ちょっと!
本気でドキッとしたじゃない!
本気で泣きそうになったじゃない!
(ウソ!そこまででもないけどちょっと鳥肌立ちました)
今月号読んで下さってありがとうございます〜

02

15

04:12

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://poo1007.blog.fc2.com/tb.php/22-9a486757

02

07

コメント:

そこのけそこのけもののけツアー 広島市編

三次市内に一泊して二日目は広島市に向かいます。

朝起きたら昨晩雪が降っていたらしく一面真っ白。
昨日登った比熊山も真っ白になっていました。
たまたま昨日は晴れてたけどこんな時に登山したらと思うとガクブルです。
あっぶねー!

IMG_6184.jpg

駅に向かう途中で日が昇りました。

IMG_9047.jpg

昨日はタイミング合わずに乗らなかった三江線で尾関山駅から三次駅へ向かいます。

IMG_6183.jpg
IMG_6195.jpg

そこから芸備線で再び広島駅へ。
稲生武太夫(平太郎)さんは三次藩から後に広島藩に移ったそうです。
なので広島市内に武太夫さんのお墓があったり彼を祀った神社、
山本さんから貰った木槌を奉納してあるお寺等があるようです。
市内では路面電車を使って移動しました。

IMG_6213.jpg

広島市最初に訪れたのは中電前駅近くにある本照寺。
こちらにある稲生さんのお墓にお花とお線香をあげてご挨拶してきました。

IMG_6220.jpg

お次は路面電車の稲荷町駅近くにある稲生武太夫さんを祀った
稲生神社(いなりじんじゃ)に来ました。
下級武士である平太郎さんが後に神様にまでなってしまうのは凄いですよね。
古い神社なのですが原爆によって焼失して建て直しをされたそうです。

IMG_6222.jpg

のぼりやちょうちんに水木先生、京極先生、荒俣先生の御名前が!
お三方でこちらの神社に寄進されてるようです。

IMG_6223.jpg
IMG_6228.jpg

稲生神社には魔王の山本さんから貰った木槌を模したお守りがあったのでゲットしてきました!
嬉しい〜

IMG_6233.jpg

こちらの神社の入り口にも稲生物怪録を解説する看板がありました。

IMG_6224.jpg

再び路面電車で広島駅まで戻りいよいよ最後に
北口から徒歩10分くらいの國前寺へ向かいます。
なんと國前寺には魔王の山本さんから頂いた本物の木槌が収められているのです!

山門
IMG_6234.jpg

本堂
IMG_6237.jpg

毎年一月七日に開催される稲生祭りではその本物の木槌が見せてもらえるそうです。
実際のお祭りで木槌は撮影禁止だそうでどんな形をしているのか見たことがありません。
いつか本物を見に行きたいですね。

IMG_6236.jpg

その祭りの時にはこんな形の木槌も頂けるそうです。
これがレプリカなのかな?
欲しい!!

IMG_6240.jpg

以上そこのけそこのけもののけツアーでした!
物語の世界を身近に感じることができて本当興奮で良い刺激になりました。
こちらの経験活かしてタケヲちゃんをもっと面白くしていきたいですね。
しかし妖怪のゆかりの地を訪ねる旅というのも面白くて
また違う土地でやってみたいなーとも思いました。
またの機会ありましたらまたお付き合い下さいませ!
ではでは

帰りの新幹線の車窓から。

IMG_6270.jpg

こちらの取材旅行中にツイッターで随時つぶやいていたもののまとめ
   ↓   ↓   ↓
そこのけそこのけもののけツアーIN広島


スポンサーサイト

うじゃく

今晩は。
三次は寒そうですねぇ。以前三次で泊まった時はアルファワンというところを利用していました。昔は傍に地ビールメーカーのレストランがあって、美味い料理が食べられたんですが、潰れてしまいました。
ところでワニの刺身ってご存知でしょうか?三次の様な内陸では普通の魚の刺身は運ぶ途中でダメになってしまうので、保存がきくサメの刺身を食べる習慣が根付いたのです。そのサメのことをどういうわけか「ワニ」と呼ぶのです。

稲生さんも妖怪たちのことがあってから栄えたんですね。福を招いたのかな。稲生さんの話は昔のことですが文明の発達した今の時代に至っても先生や多くのクリエーターに霊感を与えているんですね。こうなると足を向けて寝れないです。タケヲちゃん、更に面白くなりそう。


そう言えばラブロマ、もうすぐですね。楽しみにしてます。

02

07

18:01

とよ田みのる

>うじゃくさん
三次は中々寒かったですよ〜
一度川べりの土手に上がったら遮るものがなく冷たい風がビュウビュウと吹いて急いで退散しました。
ワニの刺身!
行く前に調べて気になってたんですが機会が無く食べられませんでした。
サメのことをワニって言うのもなんだか面白いですよね。
いつか食べてみたいなー

現代まで多くの人を魅了して止まないお話ですから稲生さんのお話は当時から人気だったんでしょうね。
その一端に触れることが出来た旅で大変楽しくかつためになりました。
引き続きタケヲちゃんで頑張ってゆきますのでよろしくです!
ラブロマも気にかけて頂いてありがとうございます〜!!!

02

08

04:42

直行

ゲッサン読みました。今回はつまらなかったですね。
(「ウソ!!本当は、もっとタケヲちゃんが好きになった。」と、さとりが言っております。)

02

14

22:47

とよ田みのる

ちょっと!
本気でドキッとしたじゃない!
本気で泣きそうになったじゃない!
(ウソ!そこまででもないけどちょっと鳥肌立ちました)
今月号読んで下さってありがとうございます〜

02

15

04:12

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://poo1007.blog.fc2.com/tb.php/22-9a486757

プロフィール

とよ田みのる

Author:とよ田みのる
ゲッサンにて『タケヲちゃん物怪録』連載しておりました。
現在のんびりしております。

作品試し読み(ソク読みさん)
『タケヲちゃん物怪録』
『ラブロマ』
『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』

著書(紙版)

著書(Kindle版)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。