--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Silver Ball Planet

大阪心斎橋BIGSTEP3FのThe Silver Ball Planetです。ご紹介ありがとうございます。ピンボールも100台を超えました!是非、一度お越しください。お待ちしています

10

27

08:00

とよ田みのる

おお、レス気づかず返信遅れて申し訳ありません。
こちらこそご丁寧にレス頂きましてありがとうございます。
ピンボール100台とは凄いですね!それだけの為に大阪に行きたくなるくらいです。
西の方に行った時には必ず寄らせて頂きます!!

11

10

23:15

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://poo1007.blog.fc2.com/tb.php/43-94b4e8bc

03

19

コメント:

ピンボールあれこれ

昨日発売した『FLIP-FLAP』kindle版お陰様で好調なようでkindleのランキングでも中々いいところに入っておりました。
ツイッター上でも沢山感想頂きまして大いにやる気を頂いて作って良かったなあと本当に思えました。
皆々様本当にありがとうございます!!

ご意見の中で漫画を通じてピンボールをしたくなったりピンボールの興味を持たれたというお話しも多かったので発売記念に僕の知っているピンボールのあれこれオススメしてみたいと思います。

ゲームセンター

豊田駅近くにある『ネバーランド』
http://azuma802.co.jp/nl/
フリップフラップのシカゴ取材で大変お世話になったMr.ピンボールこと堀口さんが勤めるゲームセンター。
丁寧にメンテナンスされたピンボール台が並びます。
偶然ですがフリフラの店長と堀口さんがそっくりでモデルじゃないの?って言われたりします。
偶然だよ。
下のお友達の映像作家の杉山嘉一さん撮影のピンボール動画はここネバーランドで行われたピンボール大会の様子です。
(追記: 2016年8月でネバーランドさんは閉店致しました。閉店日にはネバーランドさんを愛したお客さんが沢山集まり賑やかにフィナーレを迎えておりました。)


高田馬場駅近くの『ミカド』
http://mi-ka-do.net/
ピンボールだけでなくレトロゲームを多く設置している味わい深いゲームセンターです。
僕の大好きなFLIP-FLAPでも読み切り版の台のモデルにしたATTACK FROM MARSが置いてあるので(2015年3月現在)近くに寄った際には寄らせてもらっています。

大阪心斎橋駅近くの『THE SILVER BALL PLANET』
http://big-step.co.jp/shop/detail/44
ここは行ったことないんですが最近よく噂を聞いて関西方面行くことあったら是非寄りたいなと思っております。
こんだけ広いピンボールコーナーは今時珍しいですね。

愛知県犬山市の『日本ピンボール博物館(遊べるゲーム博物館)』
http://www.one-more-time.jp/pinball/
ここも行ったことないんですけどサイトを見るとピンボール収蔵160台って!
いつかここの為だけでも寄ってみたいです。


ビデオゲーム

『PINBALL ARCADE』
iOSやアンドロイドのアプリ、PS3(海外アカのみだったかな?)やXbox Live、STEAMでもプレイできます。
オリジナルではなく昔のピンボール機体のデザインままのシュミレーターのようなゲームです。
FLIP-FLAPでも各話でモデルになっていたりサブタイトルに使われた機体がプレイできます。
FLIP-FLAPのサブタイトルに合わせて好きな機体をご紹介。

BALL1 TWILIGHT ZONE
image[1]

実機
TZ1.jpg

ゲーム
asddasdfa.jpg

連載版第一話から登場しUFOさんのハイスコアのマシンのモデルとして描かれています。
構造が立体的で見ているだけで楽しい台なので画面映えするかなと思ってチョイスしました。

BALL2 PIN・BOT
image[3]

ゲーム
image.jpg

第二話で山田さんと深町くんがシングル・ハンド・ダブルスで二人打ちをする台のモデルになりました。
僕が高校生の頃にゲームセンターで稼働していて沢山遊んだ思い出があったのでモデルにしました。

BALL3 HIGH SPEED
hs.jpg

ゲーム
hs3.jpg


FLIP-FLAP本編では描かれておりませんがサブタイトルにこの名前を使いました。
これも僕が高校生の頃に遊んだマシンで思い入れが深かったのです。

BALL4のFLIP-FLAPはモデルはありません。
僕は知らないのですがFLIP-FLOPという名前のマシンがあるみたいですね。

EXTRA BALL ATTACK from MARS
ddf.jpg

実機
AM2.jpg

ゲーム
a5mIf.jpg


読み切り版FLIP-FLAPのフリオとフリナミがプレイする台のモデルです。
僕がピンボールにはまったきっかけの台で思い入れが一番深いです。
僕はピンボールが好きというよりもこの台が好きなだけなのかなと思うくらいほぼこれしかやってません。
おまけ漫画にも描きましたがいつか本当に買ってやりたいですよ。


映画

『トミー』
Amazon
ザ・フーのアルバム『ロック・オペラ “トミー”』(Amazon)を原作にしたロックミュージカル。
三重苦を負った青年がピンボールの才能に目覚めカリスマになってゆく様が描かれています。
ラストの辺りピンボールがガンガンぶっ壊されるのでピンボールが大好きな人はちょっと胸を痛めるかもしれません。
劇中に『ピンボールの魔術師(Pinball Wizard)』が流れるシーンがとっても好きです。
このシーンでエルトン・ジョンが歌う様がテンション高くて本家のザ・フーの歌よりも好きになってしまいました。

余談ですがこの映画を元に作られたピンボールマシンではトミーの三重苦を表現する為にゲーム途中でフリッパーの上にカバー出てきてブラインド状態になるギミックがあったりします。

『ブルック・シールズのプリティ・ギャンブラー』

原題は『TILT』でかつては『ピンボールの青春』というタイトルで日本で放映されたこともあるようです。
天才的なピンボールの才能を持った女の子と歌手志望の青年が各地を賭けピンボールしながら旅するロードムービーです。
日本ではDVD未発売でビデオのみ発売されたことがありました。
僕は中古のビデオを探してやっとこ見つけましたが稀にCSなんかで放送したこともあったみたいです。
観れるチャンス増えないかなー




『1973年のピンボール』
Amazon
大好きな村上春樹さんの言わずと知れた初期三部作の二番目の作品。(後にもっと続くから三部作じゃなくなったけど)
昔没頭してハイスコアを出したピンボールとの再会の為に方々を巡る不思議な冒険。
オープニングのピンボールについての言葉とラストのピンボールとの再会の静かな場面は『FLIP-FLAP』にも大いに影響を受けたところです。

『ピンボールグラフィティ』
Amazon
日本で出版された唯一と言っていいほどのピンボール解説本。
先に説明した豊田のネバーランドに勤められている堀口さんも関わられています。
ゲストエッセイも村上春樹さんやすぎやまこういちさんと超豪華。
ピンボールの基本技術から当時の最新マシンの解説までとても充実した本ですが残念ながら現在は絶版で入手はかなり困難かと。
ウチにあるのはお宝です!
honn.jpg


ではではこんな所で!
『FLIP-FLAP』kindle版引き続きよろしくお願い致します!!!




スポンサーサイト

The Silver Ball Planet

大阪心斎橋BIGSTEP3FのThe Silver Ball Planetです。ご紹介ありがとうございます。ピンボールも100台を超えました!是非、一度お越しください。お待ちしています

10

27

08:00

とよ田みのる

おお、レス気づかず返信遅れて申し訳ありません。
こちらこそご丁寧にレス頂きましてありがとうございます。
ピンボール100台とは凄いですね!それだけの為に大阪に行きたくなるくらいです。
西の方に行った時には必ず寄らせて頂きます!!

11

10

23:15

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://poo1007.blog.fc2.com/tb.php/43-94b4e8bc

プロフィール

とよ田みのる

Author:とよ田みのる
ゲッサンにて『タケヲちゃん物怪録』連載しておりました。
現在のんびりしております。

作品試し読み(ソク読みさん)
『タケヲちゃん物怪録』
『ラブロマ』
『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』

著書(紙版)

著書(Kindle版)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。